×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

《1週間前情報》

平成18年3月7日(火)
真闘ボクシングジム




 試合を一週間後に控えた3月7日、ジムを訪ねた。

 試合を控えた他の選手がスパーリングを行っているジムの片隅で、音田は黙々と調整をしていた。




 集中している感じが見て取れる。次の試合はけして負けは許されない。




 時折会長からの指示も飛ぶ。会長に音田の様子を聞いた。


「いつもどおりやること」







 その後も、黙々と練習を続ける音田。
 今度の相手を想定して打ちこむ。
 その後、いったんストレッチを行い、さらに気になる点ポイントを入念にチエックしたようである。

 次戦は、デビュー以来20戦目となる節目の戦いではあるが、これまで培ったすべてをぶつけて、良い結果を出してもらいたいものである。
頼むぞ!

音田選手より

早いもんで次戦で20戦目になります。
キッチリ倒して勝ちたいっすね。
ま、内容が良ければ判定でもいいですけど。
強いチャンピオンって、ノーランカーとの試合でもキッチリ勝ってますよね。そー言う意味で相手の事より、今後の俺をアピールする試合だって気持ちです。」
 会長も言われるように、音田はもうベテランと呼ばれる域にあるのだろう。素人の私がとやかく言うまでもなく、本人は何をすべきか整理できているはずである。我々は音田を信じて見守るのみである。
 必ず期待に応えてくれるであろう。

 見学の間、終始魚の臭いがジム内に立ち込めていた。帰る時に気がついたのだが、私のすぐそばに煮干が置いてあったのである。

 このジムの選手達の骨は丈夫なはずである!